ビタミンc入り化粧水ランキングTOP5!効果をあげる使い方って何?

ビタミンcが入った化粧水で美肌を目指したい方必見!今すぐ使いたいおすすめ化粧水をランキングでご紹介します。ビタミンc入りの化粧水の特徴や使い方も合わせてチェック!ニキビやしみ、シワが気になる肌におすすめの一本がきっと見つかります。

自分に合うビタミンc入りの化粧水を見つけたい

*美白ケアやニキビケア、また**エイジングケアにもおすすめなビタミンc入りの化粧水は、美肌を目指す私たちの味方!自分の肌にぴったりの化粧水を見つけて、毎日のスキンケアに取り入れましょう。

*この記事での美白とは、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを予防することを言います。

**この記事でのエイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのことを言います。

ビタミンc入り化粧水ランキング

早速ビタミンcが配合されたおすすめ人気化粧水を発表します!様々なタイプの化粧水を集めましたので肌の悩みに合う、使ってみたい一本に出会えるはずです。

1位:ちふれ 美白化粧水VC

  • 価格:800円(税抜)
  • 容量:180ml

<特徴>

美白成分としてビタミンc誘導体が配合された化粧水です。ヒアルロン酸など保湿成分や肌荒れを抑える有効成分グリチルリチン酸ジカリウムも配合されているので、健やかでしっとりとした肌を目指すことができます。

アルコール、香料、着色料不使用でお肌に優しい使用感も魅力です。

 

<使った方の良い口コミ>

 

  • 値段気にせずバシャバシャ使っているおかげか乾燥も気にならなくなりました。

(引用元:@cosme

  • 価格が安いし、美白誘導体化粧水で使用しているが、本当に色が白くなってきます。

(引用元:楽天

  • 古くからあるメーカーとても気に入っています。思い切り肌に「ぎゅう・ぎゅうと」押し当て浸透することを満足しています。

(引用元:Amazon

お手頃価格とシンプルで肌に優しいという点が高評価のようです。肌がうるおうことで、トーンアップしたように感じるという嬉しい口コミも。

<使った方の悪い口コミ>

  • しゃばしゃばの液ですが、つけると肌がしっとり、もちっとします!美白に関しては効果はよく見えないです。この価格だと気にせず使えるのでもう少し使い続けてみます。

(引用元:@cosme

  • 刺激もないですし肌荒れにも使えました。(中略)美白効果は不明ですが、アルコールを避けている人は試してみてほしいです!

(引用元:@cosme

  • 私には合いませんでした。1日で肌荒れちゃいました(^_^;) 肌荒れ防止って書いてあるし、ちふれはなんとなく安全そうだろうという安易な考えてパッチテストしなかったのが悔やまれます…

(引用元:@cosme

ビタミンc誘導体は肌を白くするのではなく、シミやソバカスを防ぐ美白成分です。そのため、今あるシミやそばかすを消したいという方には不向きと言えます。

また、肌に優しい化粧水でも敏感肌の方は事前にパッチテストをして自分の肌に合うか確認をしてから使うのがベターです。

2位:ロート メラノCC しみ対策美白化粧水

  • 価格:オープン価格
  • 容量:170ml

<特徴>

ビタミンcの浸透を高めた「高浸透ビタミンc誘導体」を配合した化粧水です。シミを予防する他、ニキビの予防や肌荒れのケアにおすすめ。柑橘系の香りが爽やかで、保湿の効果は穏やかなので、導入化粧水として使うのもおすすめです。

 

<使った方の良い口コミ>

  • しっかり肌に入ってくれます。テレビ見ながら時間おいて3度塗りくらいしてます。思ってる以上に吸い込みます。

(引用元:Amazon

  • メラノCC美容液と併用しているのでどちらの効果かわからないですがファンデのみでもいけるくらいニキビ跡がだいぶ薄くなりました。

(引用元:@cosme

  • メンズですがこの商品をつかっています。近くの薬局では売っていないのでこちらで購入しました。これを使ってからニキビを気にすることがかなり減りましたのでおすすめします!

(引用元:楽天

シミやそばかすの予防だけでなく、肌が明るくなったという口コミが多くありました。お手頃価格なので「今日は紫外線をたくさん浴びたな」と感じた日にたっぷりコットンパックをするという使い方も人気です。

<使った方の悪い口コミ>

  • 爽やかな柑橘系の香りは好きだけど、やはりレモンなどの成分が刺激になるようです。。しばらくしたら肌荒れしてしまい、皮膚科医から使用禁止と言われました。

(引用元:Amazon

  • 敏感肌のため、目の周りはひりつきます。ベタつくため夜のみ、ニキビ跡の気になる部分のみ使用してます。

(引用元:@cosme

  • メラノcc顔全体に使いたいなと思い購入。でもイマイチよくわからず…。そもそも液体の感じが好きではないです。

(引用元:@cosme

満足している口コミが多い中、肌に合わなかったという意見もいくつか見られました。成分だけでなく、テクスチャーが自分の肌に合うかどうかも重要なポイントですね。

こちらの化粧水はとろみのある化粧水なので、つけた後すぐはベタつきを感じる人もいるようです。

優しく肌になじませて、ハンドプレスで浸透させるようにするのがおすすめです。

3位:ドクターシーラボ VC100エッセンスローション

  • 価格:4,700円(税抜)
  • 容量:150ml

<特徴>

200%の高濃度の浸透型ビタミンc誘導体を配合したこちらの化粧水は、キメ細やかで、ハリのあるお肌になりたいという方におすすめです。

美容成分や保湿成分をたっぷり配合しているので、乾燥やくすみ、毛穴の悩みがある肌を積極的に美しくするという、大人の肌ケアにもぴったりの一本。

<使った方の良い口コミ>

  • とろみがあるのにベタつかず、浸透力も実感しています。 何より香りが好き!

(引用元:公式サイト

  • とろっとしていて肌なじみがよい。今のところ、悩んでいた乾燥も気にならなくなりました。

(引用元:@cosme

  • ビタミンCがたっぷり入っているけれど、ぴりぴり感がない低刺激な化粧水。パッティングしていたらぐんぐん肌にしみこんでいくので、あっという間になくなってしまう化粧水です。

(引用元:@cosme)

毛穴が目立たなくなったという口コミや、浸透が良くて保湿できるという口コミが多かったです。

香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールが不使用なので、敏感な肌の人からも刺激がなく使いやすいと好評でした。

<使った方の悪い口コミ>

  • 入浴後に使用すると最高。もう少し低価格にしてほしい。

(引用元:公式サイト

  • 1本使用して毛穴への効果やくすみ、保湿どれをとってもいまいちだったのでこの価格を考えると継続して様子を見るとはなりません。

(引用元:@cosme

  • 香りが好きなのでずっと使ってたのですが年齢と共に冬だとさすがに潤いが足らなくなってしまいました(>_<)勿体ないので今は美顔器用の化粧水として使ってます◎

(引用元:公式サイト

良い口コミが多かった中で、思ったような効果を感じることができなかったという口コミがいくつか見つかりました。

化粧水は即効性がある美肌ケアアイテムではないので、肌に特に悪くはないけれど良くもない……という時には、しばらく使い続けてみるというのもいいかもしれませんね。

4位:DHC アセローラローション

  • 価格:1,200円(税抜)
  • 容量:100ml

<特徴>

美肌効果のあるアセロラの果汁エキスを配合した爽やかな化粧水です。

肌を引き締める収れん作用や皮脂の分泌をコントロールする働き、そしてシミやソバカスを予防する働きなどが期待できます。また、使用感がさっぱりしたタイプの化粧水なので、オイリーな肌に最適です。

 

<使った方の良い口コミ>

  • 脂ぽい肌で、毛穴も目立っていました。このローションを使ってからは皮脂も抑えられ、毛穴も目立たなくなってきました。

(引用元:公式サイト

  • さっぱり系のローションなので使用感もベタベタせず夏には欠かせないアイテムになってます。

(引用元:公式サイト

  • 数年継続してリピートしています。コスパが良くて肌が荒れることもなく使いやすいです。

(引用元:@cosme

何年もリピートして使い続けているというファンが多い化粧水で、毛穴が目立たなくなったという口コミがたくさんありました。

オイリー肌の女性だけでなく、男性からも人気があるようです。

 

<使った方の悪い口コミ>

  • アルコール臭が結構強いなーと感じたので私の場合肌が敏感な時は使えなさそうです。

(引用元:@cosme

  • サッパリしてました。肌にはやさしいと思います♪保湿はあんまりできないみたいです。

(引用元:@cosme

  • ベタベタするのが好きじゃない為、期待大だったのですが、、、敏感肌で、乾燥もする為残念ながら全く合いませんでした。

(引用元:@cosme

乾燥肌や敏感肌の人からは、刺激が強い、保湿力が足りないなどの口コミが。

肌の状態や季節に合わせて使うのが良さそうですね。

また、顔は使えないけれどボディローションとして使っている、という人もいました。

5位:無印良品 敏感肌用薬用美白化粧水

  • 価格:1,390円(税込)
  • 容量:200ml

<特徴>

岩手県釜石の天然水をベースに、有効成分のビタミンc誘導体を配合した化粧水です。

敏感な肌に優しく使えるように、香料や着色料、パラベン、アルコールは不使用。天然植物成分やうるおい機能成分を配合して、肌を乾燥から守ってくれます。

 

<使った方の良い口コミ>

  • 大容量でたくさん使えるし、少しだけでも美白成分が入っているなら普通の化粧水よりもいいと思って買いました!

(引用元:@cosme

  • とってもいいです。さっぱりとしっとりの間くらいのちょうどいい使用感。化粧水はバシャバシャとたっぷりつけたい派なのでべたつきすぎるのはNG。これはとっても良い感触です。

(引用元:@cosme

  • 美白ものは乾燥するイメージでしたが、これはしっとりして良いです。(中略)これからも使い続けたいです。

(引用元:LOHACO

高価な美白化粧水をちょっとづつ使うよりも、バシャバシャ気軽に使えて良い!というコスパの良さに対する口コミが多かったです。

 

<使った方の悪い口コミ>

  • なんとなく肌が日焼けでヒリヒリするので抑えて、落ち着かせたいというのが一番の目的だったんですが、こちらはさらにヒリヒリが増すようで、びっくり。

(引用元:@cosme

  • 私の場合は最初一週間くらい、ぴりっとする(傷にしみて痛くなるような感覚)ことがありましたが、肌が慣れたのかそれ以降は普通に使えています。敏感肌用とは謳ってますが、不安な方は店頭のテスターで試した方が安心かなと思います。

(引用元:@cosme

  • 確かにピリピリします。敏感肌ではないのですが。ビタミンCがよく効いているのか、くすみが晴れていいのですが、乾燥します。

(引用元:@cosme

肌に優しい成分のこちらの化粧水ですが、ビタミンc誘導体が敏感肌には刺激となる場合があるようです。

こちらの化粧水はお試しサイズのものがあるので、まずは肌の調子が良い時に使ってみて、自分の肌に合うかどうかを確認してみるのがおすすめです。

ビタミンc入り化粧水で期待できる効果

美容や健康に良いということは知っていますが、ビタミンcを化粧水で取り入れた時、どんな嬉しい効果が期待できるのかを見ていきましょう。

ニキビの予防と改善

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や古い角質をエサにしてアクネ菌が増殖することでできます。

ビタミンcには、そのニキビの予防につながる働きがあります。

<期待できる効果>

  • 皮脂の分泌をコントロールする
  • ターンオーバーを整える

ビタミンcによって、皮脂の過剰分泌を抑えて、毛穴が詰まるのを予防。その結果ニキビができにくい状態に導きます。

また、炎症を抑える働きも持っているので、赤くなったニキビのケアにもぴったりです。

シミの予防と改善

シミやくすみが気になる肌に使いたいのがビタミンc入り化粧水です。

<期待できる効果>

  • メラニンの生成を抑えて、シミやソバカスを防ぐ
  • ターンオーバーを整える

ビタミンcの成分を壊さずに角質層まで届くようにした「ビタミンc誘導体」は、シミの予防に効果が期待できると言われます。

また、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルを整えることで、古い角質がなくなり、くすみのない明るい肌に近づくことができます。

<–「美白化粧水 おすすめ」へリンク(おすすめの美白化粧水を知る)–>

シワの改善

シワやたるみが気になるようになるのは、肌の中のコラーゲンが減ってしまっていることが関係しています。

<期待できる効果>

  • コラーゲンの生成を促す

ビタミンcは減ってしまったコラーゲンを増やす手伝いをしてくれるので、シワやたるみの改善につながります。

ビタミンc入り化粧水の効果的な使い方

ビタミンc入り化粧水で美肌を手に入れるために、知っておきたい正しい使い方をご紹介します。

角質ケアをしておく

化粧水に配合されているビタミンcを角質層にしっかり届けるためには、古い角質が溜まっていないキレイな肌にしておくことが重要です。そのために、おすすめなのが角質ケアです。

  • 酵素洗顔
  • ピーリング
  • 拭き取り化粧水

など、古い角質を取るためのケアを取り入れてみましょう。つるっとした、化粧水をぐんぐん浸透する肌になれるはずです。

導入美容液を先に使う

洗顔の後、化粧水の前に使う導入美容液がビタミンc入り化粧水の浸透を促してくれます。もちろん、美容液には化粧水の浸透を良くするだけでなく、様々な美容成分が配合されています。

  • 美白
  • 保湿
  • 美肌

など、自分のなりたい肌に合わせた導入美容液を使うのがおすすめです。

ビタミンC入り化粧水を使うときの注意点

いくら肌に良いと言われるビタミンc入り化粧水でも、とにかく付ければいい!ということではありません。使う際に注意した方が良いポイントを見ていきましょう。

ピュアビタミンC配合の場合は朝に使わない

化粧水に配合されているのが「ピュアビタミンc」の場合、ビタミンcに含まれている「ソラニン」という成分が紫外線を吸収し、日焼けをしてしまうので朝の使用は控えるか、紫外線対策を行って使うようにしましょう。

似た成分ですが、化粧水に「ビタミンc誘導体」が入っている場合は、日焼けの心配はいりません。ビタミンc誘導体は、ビタミンcの成分が壊れないように加工したもの。角質層に浸透してからビタミンcに変わるので、朝に使っても大丈夫なのです。

乳液でのカバーを怠らない

特に、ニキビケアのためにビタミンc入りの化粧水を使っているという場合にはベタつくから……と乳液を使わないという方も少なくありませんが、それはNG!

ビタミンcは皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので肌が乾燥しがちになります。もし、そのまま乳液を使わずにいたら……

化粧水で補った水分は蒸発ビタミンcが皮脂の分泌を抑える肌はカサカサに!!

こうして肌が乾燥すると、肌を守るために今度は皮脂が過剰分泌されるので、毛穴が詰まってニキビができるという悪循環になってしまいます。

オイリー肌の方ならば、油分が少なめの乳液を選ぶなどして、化粧水の後には必ず乳液を使うようにしてください。

ビタミンc入りの化粧水で美肌になろう!

ニキビや美白、たるみやシワなどのエイジングサインなど様々な肌の悩みをケアするビタミンc入り化粧水。毎日使うスキンケアアイテムで美肌に近づけるなら、ぜひ使ってみたいですよね。

自分の肌にぴったりな一本を見つけて、憧れの美肌を手に入れましょう!