コーセー米肌の3つの化粧水の口コミ調査!20代~40代の肌効果はどうなの?

3種類の米肌でどのような効果が期待できるのか、口コミから調査しました。コーセーの米肌は乾燥や年齢とともに増える悩みを改善できる化粧水のようです。口コミから幅広い年代の評価や肌の変化を見ていきましょう。

米肌の化粧水の評価って良いの?悪いの?

スキンケアアイテムを選ぶ際に気になるのは、その商品を使うことでどんな効果が得られるかということだと思います。米肌の化粧水を使うと肌にはどのような変化が現れるのか、口コミを見て調べてみましょう。

また、米肌には3つのシリーズがあり、悩みや肌質に合わせて選べるのも魅力です。それぞれどのような効果が期待できるのかも気になりますね。種類別にトライアルセットもあるので、気軽に始められそうです。

米肌の3つの化粧水の年代別口コミ

米肌の評判を調べるため、口コミを年代別に見てみましょう。肌の状態は年齢によっても変化するものなので、自分と近い年代の人がどう感じたのかも気になりますね。

肌潤化粧水の口コミ

3種類の米肌の中でもベーシックなのが肌潤化粧水です。角質を柔らかくして肌の奥までしっかり潤いが届けるため、化粧水のノリや毛穴の開きが改善できるのでしょう。

20代の口コミ

使い始めてから1週間くらいで、肌が整ったのを実感できました!!明らかに肌に化粧水がなじむ速度が違います。私は普通肌ですが、鼻と頬のまわりの毛穴が開き気味でした。ぽつぽつとあった毛穴の汚れが目立たなくなり、化粧下地とフェイスパウダーのみでも良いくらいに。

(引用元:cosme.net

とろみがありすぎる化粧水は染み込みにくい気がして苦手ですが、米肌化粧水は少しとろみがある感じの割にすぐに肌に染み込み、もっちりと変わるので好きです!

(引用元:shop.maihada.jp

30代の口コミ

最近くすんでるな?、なんか乾燥してるかな?とモヤモヤしてた肌に効果抜群でした!

サラッとした化粧水でどんどん浸透します!くすみも取れて、明るくハツラツとした肌って感じになりました!

(引用元:cosme.net

少しとろみの感触でしたが伸びがよく匂いもないのでさらっとつけやすかったです。 そしてビックリしたのが翌朝のお肌がふっくらもっちりしていてお化粧のノリが全然違いました。

(引用元:shop.maihada.jp

40代の口コミ

冬に使用していますが、肌がかさつくことなく、快適です。 なので、定期購入をしました。詰め替えがあるのが良いですね。

(引用元:shop.maihada.jp

ライスパワーの保湿力や潤い力を実感出来る化粧水で、お肌がしっとり潤います。乾燥肌ですが、しっかり潤ってくれるのでお気に入りです。

(引用元:cosme.net

保湿力が高く乾燥しやすい冬の肌も潤してくれるようです。とろみのあるテクスチャでありながら、スッと浸透するため、べたつない付け心地も好評ですね。

そんな肌潤化粧水が気に入って詰め替え用の定期購入に切り替えたという人もいました。定期購入は初回と3回おきに本品が付いてくるので、継続して使用する場合はお得な購入方法を利用してみてはいかがでしょうか。

活潤リフト化粧水の口コミ

米肌の中でもエイジングケアに着目したのが活潤リフト化粧水です。年齢とともに感じる肌の悩みを改善してくれるでしょう。

20代の口コミ

最近肌の乾燥が気になっていたのですが、こちらの化粧水を使用してからマシになりました。また、肌がモチモチして弾力が出てきたなあとも感じます。少しアルコールのにおいがしますが個人的にはあまり気にならないです。

(引用元:cosme.net

最近は、もうアラサーなんだからお肌の劣化も仕方ないよね…と諦めていた面もありましたが、やっぱりきちんとしたエイジングケア化粧品できちんとケアをしてあげるとお肌も生まれ変わりますね(*´ω`*)

(引用元:cosme.net

30代の口コミ

最近ほうれい線が気になり始めたのですが、私の場合は米肌のリフト美容液やクリームより、ほうれい線に効いてる感じがします。 ただ、お値段が高すぎると思います。

(引用元:shop.maihada.jp

乾燥がひどいときや寒い屋外の時間が長かったときは顔全体をコットンパックしたところ、表面だけじゃなく肌の奥底のほうから潤っている実感がありました。翌朝の肌のキメとふっくら感、くすみゼロの肌には正直驚き。

(引用元:cosme.net

40代の口コミ

思ったよりとろみがあります しっかりと馴染んでくれて 化粧のりがよくなりました

(引用元:shop.maihada.jp

トロミがあるのに浸透はよいです。使ってしばらくするとハリ・弾力すごい出ます。内側からしっかり潤って乾燥しません。キメが整い毛穴ダレが改善。シワにも効果あるようで毎日ほうれい線にハンドプレスしてます。敏感肌ですが毎日使ってもゆらいだり荒れが起きず健やかな肌です。

(引用元:cosme.net)

ハリを失った肌は重力に負けて垂れ下がり、毛穴の広がりにもつながります。シワやくすみを改善しハリのある肌を目指すことができるみたいです。エイジングケアが期待できる活潤リフト化粧水は、年齢とともに増える肌悩みを抱えている人におすすめ。

澄肌美白化粧水の口コミ

米肌の中でも美白効果が期待できる澄肌美白化粧水は、シミやそばかすの予防策としてもおすすめです。潤いを与えてメランの生成を抑えるので、透明感のある肌を目指すことができるでしょう。

20代の口コミ

他製品のものよりスッと浸透してくれていると思います。肌荒れもよくなってきました。ありがとうございました。

(引用元:shop.maihada.jp

1ヶ月継続使用してみて…くすみが悩みで、どんよりとしていたお肌が、ワントーン明るくなり、透明感がUPしたように感じています◎

(引用元:cosme.net

30代の口コミ

ベーシックなタイプと同じく、しっとりと潤うので、保湿と美白の両方ができて満足しています。 さっぱり系が好みの方だと、クリームいらないかもと思うくらいしっとりします。

(引用元:shop.maihada.jp

サラッとしたつけ心地で、肌トラブルもなく値段の割に普通だなぁと思っていましたが

3,4日たったら肌が全体的にトーンアップしました!!感動して鏡をガン見してしまいました(笑)

(引用元:cosme.net

40代の口コミ

香料がないのが好き。 日焼け後にコットンにたっぷり含ませてケアに最高でした。

(引用元:shop.maihada.jp

香りは、最初はエタノールの匂いがしますが、消えるとほのか~に甘い香りに変わります(*´v`)心地よい香りです♪

(引用元:cosme.net

 

美白効果のある澄肌美白化粧水は、紫外線ダメージを受けやすい夏のスキンケアにも合っているのでしょう。口コミでは無香料で優しい香りのする化粧水だという点も評判のようです。

米肌の3つの化粧水の特徴と効果

米肌の3つの化粧水はそれぞれどのような効果が期待できるのでしょうか?お米と発酵のパワーを取り入れた化粧水は、肌を潤すことでさまざまな肌の不調を改善してくれます。成分や特徴を確認し、自分の肌に合う化粧水を選んでください。

肌潤化粧水の特徴と効果

  • 内容量:120g
  • 価格:1,800円

角層柔軟オイルが化粧水の浸透を促し、角質に潤い成分をしっかり届けてくれます。成分表にはオクチルドデカノールと表記されており、刺激の少ない成分です。

米肌の肌潤化粧水には大豆やビフィズス菌の発酵エキスが入っており、肌を守って潤いのある肌へと導きます。他にも乾燥した環境でも水分を保持できるグリコシルトレハロースや、肌の保湿因子であるNMFを構成している乳酸Na、肌を潤して他の成分の効果を生かすグリセリンが配合されていました。

さらに、アミノ酸やペプチド、糖質を豊富に含むライスパワーNo.11は、水分保湿能力を改善する効果があると認められている成分です。しっかり認可されているのは医薬部外品の中でライスパワーNo.11だけなのだとか。

ライスパワーNo.11が配合されているため、潤いを与え乾燥から守ることができるのです。肌の細胞間脂質の50%を占めるセラミドの生成も促すため、キメの整った肌を目指せます。潤いを与えてふっくらした肌になれば毛穴も目立ちにくくなるでしょう。

活潤リフト化粧水の特徴と効果

  • 内容量:120ml
  • 価格:7,000円

活潤リフト化粧水はライスパワーNo.11や、肌に潤いを守る成分であるグリセリンや乳酸Naも配合しています。さらに、米ぬかと大豆の発酵エキスや発酵ヒアルロン酸でハリのある肌を目指せるでしょう。保湿成分であるヒアルロン酸は1gあたり6Lの水分を抱え込む力があると言われています。

また、ショウブ根エキスには抗菌作用や血液促進の効果が期待できます。血行を促すことで肌の代謝もスムーズになるので、肌のくすみ改善にも一役買ってくれるでしょう。

年齢とともにほうれい線や小じわができるのは、肌のハリが失われることが原因。活潤リフト化粧水で肌のハリを取り戻すことで、たるみやほうれい線を改善する効果が期待できるのです。

澄肌美白化粧水の特徴と効果

  • 内容量:120ml
  • 価格:5,500円

米肌の化粧水に配合されているグリコシルトレハロースやグリセリン、米ぬか発行分解エキスの働きで肌の潤いを守ることができます。また、成分が浸透しやすいように細かなエモリエント成分を使用しています。

澄肌美白化粧水は、美白有効成分であるビタミンC誘導体がメラニンを抑制して、透明感のある肌へと導きます。ビタミンCはそのままでは不安定な成分なので、ビタミンCが誘導体になっている化粧水を選ぶことでしっかりとした浸透力を期待できるでしょう。

抗炎症作用のあるハトムギは保湿力もあるので、荒れた肌のスキンケアにもおすすめです。

米肌には他にどんな商品があるの?

3種類ある米肌の化粧水ですが、それぞれにクリームや洗顔料のラインナップもありました。ライン使いすることでより効果を実感できそうです。

他の商品にも保湿して肌のバリア機能を守る米ぬか油や、大豆発酵エキスなどの成分が配合されています。

肌潤シリーズのラインナップ

肌潤クレンジングクリーム

  • 内容量:120g
  • 価格:1,800円

クレンジングクリームは約65%が潤い成分で作られているようです。クレンジングをしながら肌の潤いを守ることができるから、洗い上りも突っ張りません。

肌潤石鹸

  • 内容量:80g
  • 価格:3,500円

肌潤石鹸はきめ細やかな泡が肌を優しく洗い上げてくれます。洗顔後につける化粧水などの成分が浸透しやすいように肌の状態を整える「ブースター効果」も期待できるでしょう。石鹸は1つで2~3ヶ月もつようです。

肌潤洗顔クリーム

  • 内容量:120g
  • 価格:1,600円

石鹸よりもクリームタイプの方が泡の弾力はあるので、好みに合わせて選んでください。澄やホワイトクレイも配合してるので、毛穴の汚れまでしっかりケアすることができるでしょう。クリームタイプは1本で1~1か月半もつようです。

肌潤ジェルクリーム

  • 内容量:40g
  • 価格:5,000円

潤いを長時間キープしてくれるクリームは2種類ありました。みずみずしいテクスチャが好みな人には、ジェルクリームがおすすめです。

肌潤クリーム

  • 内容量:40g
  • 価格:5,000円

肌潤ジェルクリームと同じように長時間潤いを守ってくれるクリームで、ジェルクリームよりもコクがあります。しっとりとしたテクスチャが好みの人にはこのクリームがおすすめです。

肌潤改善エッセンス

  • 内容量:30ml
  • 価格:7,000円

ライスパワーNo.11の配合濃度が最も高いのが肌潤改善エッセンスです。特に乾燥が気になる肌や、潤い不足からくるたるみの改善にも効果が期待できます。

肌潤アイクリーム

  • 内容量:15g
  • 価格:5,000円

目元の皮膚は顔の中でも薄く、乾燥や年齢の影響を受けやすい場所です。醗酵ヒアルロン酸の他に、肌の膜と似た構造を持つスクワランやリピジュアによって肌の潤いを守ります。

肌潤BBクリーム

  • 内容量:30ml
  • 価格:3,500円

米肌にはメイク商品もありました。ライスパワーNo.11とビフィズス菌や大豆の発酵エキスを配合しているので、メイクをしている間も肌の潤いを守ってくれるでしょう。カラーはやや明るい自然な肌色(00)と普通の明るさの自然な肌色(01)から選べます。

活潤シリーズのラインナップ

活潤リフトクリーム

  • 内容量:40g
  • 価格:7,000円

米肌の中でもエイジング効果が期待できる活潤シリーズは、ハリのある肌を目指すための潤い成分がたっぷり。ライスパワーNo.11のほかにも米ぬかや大豆の発酵エキス、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合されています。

年齢とともに肌が下がってきたという人におすすめです。リフトクリームは肌を引き上げるように塗ると、リフトアップの効果も期待できるようです。

活潤リフトエッセンス

  • 内容量:30ml
  • 価格:9,000円

リフトエッセンスはエイジング効果が期待できる美容液です。肌潤改善エッセンスに比べコクのあるテクスチャで、ハリのある肌に近づくことができるでしょう。

活潤リップエッセンス

  • 内容量:10g
  • 価格:1,200円

唇が乾燥していたりくすんでいると、見た目年齢も高くなってしまいます。活潤リップエッセンスはほんのりとピンク色に色づくので明るい印象に。ヒアルロン酸やコラーゲンのほかに、保湿効果のあるザクロエキスやローヤルゼリーエキス、植物由来のオイルを配合することで、乾燥から唇を守ることができます。

活潤ハンドクリーム

  • 内容量:60g
  • 価格:1,500円

年齢とともに変化していくのは顔の肌だけではありません。手も年齢を重ねるにつれてシワが増えたり、くすんだりします。

活潤ハンドクリームリップエッセンスと同じ美容液が配合されており、手を潤して肌を守ってくれる成分がたっぷり入っているので、洗い物をした後の保湿にもピッタリです。くすんだ肌は、ピンク色のクリームを塗ることでトーンを明るくして、透明感のある肌に見せます。

澄肌シリーズのラインナップ

澄肌クレンジングオイル

  • 内容量:150ml
  • 価格:1,800円

メイクが残っているとニキビや肌荒れの原因となるので、クレンジングもしっかり行いましょう。ウォータープルーフのメイクも落とせるので、しっかりメイクをする人におすすめです。

澄肌クレンジングオイルは濡れた手でも使えるので、お風呂でのクレンジングにも使用できます。メイクだけではなく、余分な皮脂や角栓を浮き上がらせるので、キメの整った肌を目指せるでしょう。

澄肌美白エッセンス

  • 内容量:30ml
  • 価格:8,000円

ビタミンC誘導体でメラニンを抑制し、ビタミンE誘導体で肌荒れを改善する効果が期待できます。シミやくすみの悩みを抱えている人におすすめです。

保湿効果に優れた米ぬかやハトムギのエキスのほか、抗酸化作用が期待できるポリフェノールを含む白茶エキスなどが配合されています。

澄肌クリアエッセンス

  • 内容量:120ml
  • 価格:4,000円

コットンに染みこませて使用するふき取りタイプの美容液です。ジェル状の美容液なので、肌をこすって負担をかけずに角質ケアができます。古い角質を取り除くことで、その後につける化粧水や美容液の成分もなじみやすくなるでしょう。

澄肌日やけ止めジェル

  • 内容量:80g
  • 価格:2,800円

紫外線はシミやくすみの原因となるメラニンを作り出します。紫外線対策をして肌トラブルを予防しましょう。米やハトムギの発酵エキス、グリセリンのほかにビタミンCやミネラルが豊富なハイビスカスの発酵エキスも配合されています。

澄肌ホワイトCCクリーム

  • 内容量:30ml
  • 価格:3,500円

さらさらエアインパウダーEXを配合することで、時間がたってもメイクがくすみません。

透明感のある健康的な肌に見せるため、コントロールカラーが使用されています。美容成分である米やハトムギの発酵液、米ぬか酵素分解エキスが配合されており、メイクしている間も肌をいたわることができそうです。

1本でベースメイクが完了するので、メイクを時短で済ませたいという人にもおすすめです。

米肌の化粧水はトライアルセットで試せる!

新しいスキンケアを使うのに、自分の肌に合うか心配だという人もいるでしょう。肌が荒れていたりデリケートだと、新しいものを購入するのに勇気がいります。米肌は値段が高いという口コミもあったので、まずはお手軽価格で試せるトライアルセットを購入してはいかがでしょうか?

3つのトライアルセット

潤い体感セット

  • 内容:肌潤石鹸15g/肌潤化粧水30ml/肌潤改善エッセンス12ml/肌潤クリーム10g/肌潤化粧水マスク1枚
  • 価格:1,500円

潤い体感セットは、乾燥や乾燥からくる毛穴の目だちが気になる人におすすめです。洗顔石鹸・化粧水・美容液・クリームで、一通りのケアを体感できます。

トライアルセットで購入すると一足先に非売品のマスクまで試せます。この化粧水マスクは公式サイトでポイントと交換できるアイテムのようです。

集中ハリ体感プレミアムセット

  • 内容量:活潤リフト化粧水30ml/活潤リフトエッセンス12ml/活潤リフトクリーム10g/活潤リフトマスク1枚

  • 価格:1,800円

年齢とともに肌のハリがなくなってきた、と感じているのならエイジングケアにアプローチできる集中ハリ体感プレミアムセットがおすすめです。エイジングケアの商品は他の商品に比べると値段も高くなります。だからこそトライアルセットでその効果を確かめてから購入したいものです。

澄肌美白お試しセット

  • 内容量:肌潤石鹸15g/澄肌美白化粧水30ml/澄肌美白エッセンス12ml/肌潤ジェルクリーム10g
  • 価格:1,500円

くすみを改善して透明感のある肌を目指したい場合は、澄肌美白お試しセットがおすすめです。澄肌シリーズの化粧水とエッセンスに合わせて、肌潤シリーズの洗顔せっけんとジェルクリームが試せます。

米肌についてもっと知りたい!

3つの化粧水がある米肌ですがどこに行けば購入できるのでしょうか。また、よく似た成分が入っているライスフォースとの違いも確認しておきましょう。

実店舗では購入できないの?

米肌シリーズの商品はインターネットの通販でしか購入できません。公式サイトから購入できます。コーセー直営の店舗ではありませんが、楽天で購入することも可能です。

公式サイトならポイントを貯められて、そのポイントと商品を交換できますし、定期便にすればよりお得に購入することができるでしょう。

ライスフォースとの違いって何?

米肌に配合されているライスパワーNo.11は、ライスフォースにも入っている成分。ライスフォースの商品ではディープモイスチュアのローションとエッセンス、クリームに配合されているようです。肌を潤すことでエイジングケアにも効果が期待できるのでしょう。

同じ成分が入っているために悩んでいる人も多いと思います。しかし同じ成分を使っていても使用感に違いがあるため、両方のトライアルセットを試してみてから決断しても良いかもしれません。

トライアルセットは米肌が「14日分」なのに対し、ライスフォースは「10日分」でした。化粧水と美容液、クリームの3点で900円のトライアルセットと、さらに美白美容液と日焼け止めミルクの5点で1,400円のセットもありました。

自分がどこまで試しておきたいかを考えて選ぶと良いでしょう。

まずトライアルセットで試してみよう!

米肌の商品にはライスパワーNo.11も配合されており、乾燥やエイジングの効果が期待できます。特に保湿や美白、エイジングのシリーズがあるので、目的に合わせて選べるのが魅力です。

ライスフォースのように成分が似た商品もありましたが。自分の肌にはどの化粧水が合うのかトライアルセットで試してみましょう。